Kan Sanoが選ぶ「深夜に聴く、瞑想のためのソロピアノ」

Select

Kan Sanoが選ぶ「深夜に聴く、瞑想のためのソロピアノ」

夏の夜にピアノのセレクトはいかがでしょうか。今回は「Kan Sano」さんにピアノ音楽をセレクトしていただきました。Kan Sanoさんは「mergrim 「Hyper Fleeting Vision」 release party」に出演予定です。

AD
Kan Sano

Kan Sano

金沢出身/東京在住のピアニスト/プロデューサー。1983年8月6日生まれ。11歳より独学でピアノと作曲を学び、16歳の時ピアニストとして演奏活動を開始。金沢で毎月ソロピアノのライブを行う。高校卒業後18歳で渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に入学。ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。ピアニストとして佐藤竹善、Twigy、COMA-CHI、mabanua、TRI4TH、Eric Lau、アンミカ、ゲントウキ、羊毛とおはな、遠藤舞(アイドリング)、Hanahなどのライブやレコーディングに参加。また新世代のビートメイカー/プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加。ジャイルスピーターソンのラジオ番組で度々紹介され話題になる。2010年、金沢在住のソロギタリスト石川征樹と完全即興演奏によるアルバム「共鳴」をリリース。2011年、デビューアルバム「Fantastic Farewell」をCIRCULATIONSからリリース。2012年、Bennetrhodes名義のアルバム「Sun Ya」をWax Poetics Japanからリリース。2013年、自主制作のソロピアノアルバム「ピアノ作品集」をライブ会場限定リリース。

ADS

深夜に聴く、瞑想のためのソロピアノ

 
Facing You /

Facing You
Keith Jarrett

キースはピアノアルバムを多く出してるけど、70年代の作品はどれも名盤。その中で一枚選ぶなら間違いなくこれ。未来に向かう強烈な瑞々しいエネルギーに溢れたピアノ。他のキース作品にはない独特の質感、空気感が好きです。#1で吹き飛ばされ、#2で死に直面し、#3で生きていることに感動する。この前半の流れは凄まじいです。

amazonで買う iTunesで買う
Sun Bear Concerts /

Sun Bear Concerts
Keith Jarrett

日本でのコンサートがまるごと収録された6枚組のボックスセット。ピアノの音色が深遠で素晴らしい。即興演奏とは思えない美しいメロディが出てきたかと思うと、不協和音の現代音楽になったり。言葉にできないレベルの感情がすべて吐き出されています。

amazonで買う
Alone /

Alone
Bill Evans

自分はジャズと言えば、まずエバンスを思い浮かべます。モダンジャズの王道というか、スタンダードジャズの代表のようなエバンスが、実は一番ジャズから離れていると最近感じます。なんと言っても#1のhere's that rainy dayに泣かされます。この感覚は、Donny HathawayやStevie Wonderのバラードを聴いている時と変わらない。静かに歌うエバンスの情熱にしびれます。

amazonで買う iTunesで買う
Brahms: Ballades, Rhapsodies & Intermezzi /

Brahms: Ballades, Rhapsodies & Intermezzi
Glenn Gould

それまでクラシックはラベルやドビュッシーばかり聴いていた自分に、このブラームスは衝撃でした。試しに他のピアニストの録音も聴きましたが、まったくピンときませんでした。グールドのロマンチックな一面が一番表れている作品です。

amazonで買う
Goldberg Variations (1981) /

Goldberg Variations (1981)
Glenn Gould

グールドが晩年に残した究極のバッハ。自分の世界を追求し続けた男が辿り着いた音は、簡潔で優しく、大きく、深く、神聖です。これはグールドのベストであり、バッハのベストでもある。

amazonで買う iTunesで買う
ピアノ作品集 /

ピアノ作品集
武満徹

日本人で一番好きな作曲家。1人で沈黙を味わいたい時はこれです。とても静かなピアノだけど、内に秘めた情熱、激しさや厳しさに気づいた時の感動は大きいです。不協和音や汚い音も含めて、すべてが美しいです。

amazonで買う
Mompou plays Mompou /

Mompou plays Mompou
Frederic Mompou

作曲家自身がピアノ作品を全曲弾いた、クラシックの世界では珍しい作品。晩年に録音したとは思えない情熱です。生涯に渡って自分の内面に向かい続けた1人の男の生き様が表れています。

amazonで買う iTunesで買う
African Piano /

African Piano
Dollar Brand

アフリカとしか形容できないピアノの音色。録音状態も功を奏して時代の空気が見事に収められている。スピリチュアルな黒い左手のベースライン。時に繊細に、時に激しくgrooveし続けます。ピアノという楽器を超えてアフリカの広い空が見えてきます。

amazonで買う iTunesで買う