Firoが選ぶ「積極的に逃げてみるための音楽」

Select

Firoが選ぶ「積極的に逃げてみるための音楽」

イベントなどが多い夏ではクラブや野外などで音楽を聴くのも楽しみのひとつですね。暑いときには爽快感を感じることができる音楽でよい思い出を作りたいものです。今回はアーティスト活動の他にも放送用音楽制作などで活躍されている「Firo」さんに「積極的に逃げてみるための音楽」というテーマで音楽を選んでいただきました。盛り上がりすぎず、かといって静かでもない絶妙なセレクトをお楽しみください。

AD
Firo

Firo

音楽家・塚越寛之によるソロユニット。PsysExの糸魚健一にその才能を見いだされ、2003年に1st『paddle』をリリース。収録曲 『SwNH』はTBSテレビ「THE世界遺産」BGMにも採用されるなど各方面から評価される。2005年に2nd『Light court』、2006年に3rd『Velvet tiny globe』をリリース。2008年からは『鳴響』『渋響』をはじめとする一連の各地温泉郷でのプロジェクトに参加し、電子音楽と地域とのさまざまなセッションを繰り広げ、その新たな可能性は2010年発売の最新作『Tender grain』に結実。常に緻密で繊細な音世界を展開するアーティストである一方、テレビ番組のBGMなどの放送用音楽制作も数多く手掛ける職人的作家でもある。この夏、iTunes storeにて過去全タイトルをボーナストラック付きでリリース予定。

ADS

積極的に逃げてみるための音楽

いつもがっぷり四つじゃキツくなってしまいます。ときどきは、あえて逃げてみるのも大切かも。どこかへ飛んでいきましょう。気持ちだけでも。少しの時間だけでも。
Ecstasy & Friends / Loné

Ecstasy & Friends
Loné

フュージョンの完璧な対象化。一歩下がって見てみれば違う景色が広がる。真に受けなくたって大丈夫。すべては絵空事、すべては夢うつつ。

amazonで買う iTunesで買う
Surf's Up / The Beach Boys

Surf's Up
The Beach Boys

とにかく「Till I DIe」と「Surf's Up」を。ブライアン・ウィルソンの深遠に寄り添いながら、統一感バラバラのこの1枚に意識は遠のいていきます。

amazonで買う iTunesで買う
Aftathoughts Vol.1 / Afta-1

Aftathoughts Vol.1
Afta-1

コズミック・エレクトリック・ソウル。ブンブンうなるベースと重いビートがカッコよすぎます。スピリチャル・ジャズ&ソウルの進化系のような。たどり着くのは宇宙の彼方か。そこから浮世を俯瞰してみる。

amazonで買う iTunesで買う
Ambivalence Avenue / Bibio

Ambivalence Avenue
Bibio

いったいいつの時代の音楽なのかわからなくなるような。タイムマシンに乗って逃避行。ポップワールドに惑わされてるうちに元の世界までぐるっとひとめぐり。

amazonで買う iTunesで買う
14 / THE YOUNG GROUP

14
THE YOUNG GROUP

はかなくて繊細なのに豊かな世界が広がる。どこか乾いてて突き放すようでもあります。ナイーブかつ軽快。おぼつかない足取りで逃げつく先は、きっとまだ見たことのない場所。

amazonで買う iTunesで買う
I Want You / Marvin Gaye

I Want You
Marvin Gaye

構成も曲も、全くすきの無い完璧な1枚。そして、むせるような濃厚な官能の世界(笑)。時々はこんなとこに逃げ込んでみるのもありかも知れません。

amazonで買う iTunesで買う
Nowhere / Ride

Nowhere
Ride

轟音ギターの壁の後ろに、繊細と虚無を抱えて逃げる、みたいな若者たち。美しい旋律とギターアンサンブルが光ります。フィードバック音に身を預ければ"どこでもない"所へトリップ。

amazonで買う iTunesで買う
CAUSERS OF THIS / Toro y Moi

CAUSERS OF THIS
Toro y Moi

佳曲の数々と甘い歌声にとろけて気持ちは彼方へ飛んでいきます。引いてるのにポジティブ。ポップと先鋭と音響の愉悦。うまくかわしていくことの大切さと強靭さ。

amazonで買う iTunesで買う