On the Volatility of the Mind

Review

On the Volatility of the Mind

On the Volatility of the Mind

Tamas Wells

ADS

「ミャンマー三部作」を経て、祖国に戻って以来はじめて作られたタマス・ウェルズ待望の最新作!
"本当に悲しい歌こそポップに歌う"。デビュー作から10年、「天使の歌声」が達した深遠。

2010年の傑作『Thirty People Away』から約3年半。タマス・ウェルズの5枚目のアルバムが
ついに到着!6年間を過ごしたミャンマーからオーストラリアに戻ってからはじめて作られたアルバム
ということで、より多様な楽器を用い、バンド・メンバーとのアンサンブルを重視した上質で洗練された
前作の路線の完成形を追い求めるかと思いきや、意外にもとてもパーソナルなソロ作品となりました。

タマス・ウェルズ・サウン ドの代名詞だったアコースティック・ギターとピアノによるフォーキー・アンサンブルを
封印し、本作ではエレクトリック・ギターとキーボードを中心としたプロダクションに、さらにドラムマシーンや
口笛といった意外性のある飛び道具を加えたタマス・ウェルズ流インディー・ポップとも言うべき新たなる
新鮮なサウンドを志向した曲がいくつも輝きを放っています。

しかし、サウンドの変化と反比例するかのように、その歌はより内省と自己沈潜の方向に進んでいます。
恩寵と慈悲そのものと言うべき天衣無縫の歌声によって歌われる深遠の念は、彼が直接経験した数々の
悲劇によって血に塗れた「ミャンマー三部作」すら遠くへと追いやる強度と、ふとした瞬間に消え去りそうな
脆弱さ。「本当に悲しい歌こそ明るく歌う必要がある」というポップ・ソングの真髄にして、サッド・ソングの
極意をタマス・ウェルズなりに本質的に表明した奥深い作品だと言えるでしょう。デビュー・アルバムから
ちょうど10年。「天使の歌声」はついにここまで来ました。

SongList
  1. A Riddle
  2. Never Going to Read Your Mind
  3. I Don't Know Why She Burned up All Those Greylead Drawings
  4. Benedict Island Part One
  5. A Snake Bite at the Quarry
  6. Bandages on the Lawn
  7. Benedict Island Part Two
  8. The Treason at Henderson's Pier
  9. A Servant of the Crown
  10. An Appendix
  11. I Left That Ring on Draper Street

Other Entries