THREE

Review

THREE

THREE

坂本龍一

ADS

坂本龍一の代表曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジをした「1996」以来の待望のアルバム。

1996年、坂本龍一は「1996」と題したアルバムをリリースした。坂本の既存曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジ。 セルフ・カバーであるそれらは、過去の代表作に再び命を吹き込む充実したアレンジと演奏で傑作と絶賛された。このアルバムはロングセールスとなり、 またアルバム・リリース後におこなわれたワールド・ツアーでは世界中の観客たちを熱狂させた。 そして、2011年秋このピアノ・トリオをヨーロッパで復活。チェロにはオリジナルメンバーで、 坂本の朋友であるジャキス・モレレンバウム、ヴァイオリンにはオーディションで採用した新しい才能、 ジュディ・カンを起用。新旧織り交ぜた選曲で再びヨーロッパの観客を魅了した。今回のアルバムは、 ヨーロッパ・ツアー直後にスタジオ録音された完成度の高い、「1996」以来の待望のトリオ・アルバムです。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Happy End
  2. The Last Emperor
  3. Bibo no Aozora -instrumental
  4. High Heels
  5. Seven Samurai -ending theme
  6. A Flower is not a Flower
  7. Still Life in A
  8. Nostalgia
  9. Tango -instrumental
  10. Merry Christmas Mr.Lawrence
  11. Harakiri (Death of a Samurai) endroll
  12. Tamago 2004
  13. Parolibre
坂本龍一's Works

Other Entries