Omara & Chucho

Review

Omara & Chucho

Omara & Chucho

Chucho Valdés

ADS

世界先行発売! 2011年上半期のワールド最大の注目作!! キューバが生んだ最高の歌手とピアニストが奇跡の競演!!! もはや説明不要の二人、キューバ音楽を代表する女性歌手オマーラ・ポルトゥオンドと、キューバン・ジャズ・シーンで金字塔を打ち立てたピアニスト、チューチョ・バルデースが、久々にタッグを組んでアルバムを発表することになりました! 現在80歳を越えキューバ音楽シーンの最長老歌手となったオマーラは、15歳だった1945年にデビュー。"フィーリンの恋人"のニックネイムのもと長年活動してきた彼女ですが、その名が世界的に知られるようになったのは、あの『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(ライス WCR-5067)に参加した時でした。その後2008年には『グラシアス』(ライス HMR-783)をリリースし、同年に行われた来日公演でも年齢を感じさせない若々しい歌声を披露してくれました。 一方70年代よりキューバン・ジャズを発展させてきたバンド"イラケレ"を率いてきたチューチョ・バルデースは、幾度もグラミーを受賞した世界的なピアニスト。アメリカのジャズ・プレイヤーとの絡みも多いですが、一方でキューバ音楽への造詣の深さを示す作品も数多くリリースしてきました。 その二人は1997年の『運命の競演』(DISCO CARAMBA CRACD-208)という作品で一度コラボ作を発表しているので、これは約13年ぶりの二人による新作となります。なんでも『グラシアス』でチューチョがゲスト参加したことが今回の再演のキッカケとなったそうです。 ここではチューチョのピアノとオマーラの歌だけのデュオ演奏が中心。オマーラが若い頃よりレパートリーにしていた「Noche Cuba(キューバの夜)」や、かつて人気を博した男性歌手ミゲリート・バルデースの代表曲「ババルー」などを、シンプルなピアノの伴奏と包容力タップリのヴォーカルで聞かせてくれます。またジャズ・トランペッターのウィントン・マルサリスがゲスト参加した曲も収録。シンプルなフィーリン・サウンドに華を添えてくれています!(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Noche Cubana
  2. Claro de Luna / Llanto de luna
  3. Y decidete Mi Amor
  4. Alma Mia
  5. Me acostumbre a estar sin ti
  6. Esta tarde vi llover
  7. Si te contara
  8. Huesito
  9. Mis sentimientos
  10. Nuestra cobardia
  11. Babalu Aye
  12. Recordare tu boca
  13. Noche Cubana

Other Entries