黄昏とピアノ

Review

黄昏とピアノ

黄昏とピアノ

rimacona

ADS

ラウンジに響くと心地よいサウンド。落ち着いた雰囲気を持つヴォーカルと音の響きがとても美しい作品。エレクトリックなアレンジがスパイスのように扱われていて自然に馴染んでいる。1人でお酒を飲みながら聴きたくなるようなアルバム。

rimacona(リマコナ) 柳本奈都子(唄)と原摩利彦(作曲、ピアノ)により構成され、2004年春より京都を拠点に活動する。熊本の子守唄の音源を用いた作品が『intro out festival 2006』(ギリシャ)にて上演され、グループ展『In Transition』(キプロス)には、写真コラージュと音の作品『fading days』を出品。2006年から2007年末まで、ニューカレドニアの日本人移民史をテーマにした津田睦美の「FEU NOS PERES」展によせたオリジナルコンサートをニューカレドニアと日本各地(横浜、福岡、京都、沖縄)で行った。 2008年には、デンマークのd'Oorhinge l'Orangeよりミニアルバムをリリース。 2009年春には、ヨーロッパツアーを行った。京都三条ラジオカフェFM79.7にて「rimacona's wave factory」(第4金曜日)のパーソナリティーを務め、不定期ライブイベント『CORSAGE-n』を主催している。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. metronome
  2. tell me
  3. apres-midi
  4. tu trouves quoi?
  5. tasogare to piano
  6. Gray sky
  7. In a twinkle
  8. small night
  9. a bed in the sea
  10. fish
  11. at eventide

Other Entries