Now

Review

Now

Now

Fabrizio Paterlini

ADS

イタリアの芸術都市マントヴァのメランコリック・ピアニストが紡ぎだすファンタジー。 マックス・リヒターのメランコリアとダスティン・オハロランのパッションをあわせ持ったロマンティックなポスト・クラシカルの至宝。

2011年にリリースされた日本編集盤『Fragments Found + Viandanze』がロングセラー中のイタリア人ピアニスト、 ファブリツィオ・パテルリーニ最新作。 2011年秋から冬にかけて毎週1曲ずつインターネット上でフリー・ダウンロードで発表した作品をまとめた2012年リリースの前作 『Autumn Stories』では、ストリングスを取り入れたアレンジを行い、その発表の方法も含めてチャレンジと言える作品でした。 そして約1年ぶりに届けられた本作は、『Now』と題されているように、まさにファブリツィオ・パテルリーニというアーティストの「いま」が 込められた作品となっています。

2010年の作品『Fragments Found』以降、自身のピアノにエレクトロニクスを加える方法論を模索していたという彼が出会ったのが ロンドンのエレクトロニック・アーティスト、ロンドンDC。『Autumn Stories』に続き起用したヴァイオリン、チェロ、ヴィオラという ストリングス・トリオのアンサンブルと、今回初めて取り入れた生ドラムによって、より多様的でドラマティックに変化したサウンドに、 ロンドンDCがエレクトロニクスによるアレンジを巧みに加えることによって完成。

その結果、マックス・リヒターのような繊細なエレクトロニクス混じりのシネマティック・サウンドスケープに、オラフル・アルナルズのような 大胆な構成とアレンジの両方を合わせた力強くエモーショナルで美しい作品に仕上がりました。

ロック・バンド上がりの遅咲きのアーティストながら、近年、インターネットを中心に積極的に活動し、徐々にファン・ベースを拡大しつつある 彼の音楽は、同じくポップ・ミュージックからクラシック音楽にアプローチするピアニスト、ダスティン・オハロランとよく比較され、 シンプルでありながらエモーショナルなメランコリアを持った叙情的なメロディーは聴くものの想像力を刺激する豊かな物語性を たたえています。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. After the Rain There Will Always Be the Sun
  2. Not from the Past, Not for the Future
  3. Summer Nights
  4. Darkness Is Not the Opposite of Light
  5. Iceland
  6. My Perfect Time
  7. Silent Eyes
  8. Unrequited #4
  9. Harmattan
  10. Behind the Sky
  11. Finale
  12. There's A Light We Might See
  13. You Are Not Alone

Other Entries