A Good Land, An Excellent Land

Review

A Good Land, An Excellent Land

A Good Land, An Excellent Land

Tiny Leaves

ADS

溢れんばかりの喜びと悲しみ、ありとあらゆる感情が詰まったエモーショナルなポスト・クラシカル。 ダスティン・オハロランやニルス・フラームからharuka nakamuraらKitchen. Label周辺のアーティストまで通じるシネマティック・サウンドスケープ。

イギリスの若き作曲家/マルチ・インストゥルメンタリスト、ジョエル・ナサニエル・パイクによるソロ・プロジェクト、タイニー・リーヴズのデビュー・アルバム。 元々、2013年にUKのエクスペリメンタル・レーベルFuturesequenceからリリースされ、高い評価を得た1st フル・アルバムがボーナストラックを加えて国内盤でリリース。

図形譜による作曲方法を採用しレコーディングされた本作は、ピアノの短いメロディーを元に、ヴァイオリン、チェロ、コントラバスのストリングス・トリオと 本人演奏によるギター、ベースの流麗なハーモニーに即興による自由さを与えることで、ポスト・ロックやアンビエント・ドローンの要素も交えた鮮やかな ポス ト・クラシカル作品となっています。心の欲求と、物理的かつ心理的な「home=ホーム」をめぐる、ありとあらゆる感情を描いた本作は、ある意味では 自叙伝的とのこと。デビュー作ならではのフレッシュさと熱情をデビュー作とは信じがたいクオリティーに封じ込めた瑞々しさ溢れ深みをもったノスタルジックな サウンドスケープは、たとえばダスティン・オハロランの名作『Lumiere』などと双璧をなしていると言えるでしょう。ニルス・フラームやキース・ケニフら すばらしい才能を持ったポスト・クラシカルの作曲家につづく新たな宝石の登場です。

SongList
  1. Beginning
  2. Speaking of Things As Yet Unseen
  3. My Hand in Yours
  4. Weight/Wait
  5. Minuet
  6. Abraham
  7. A Good Land, An Excellent Land
  8. Leaving

Other Entries