PREMATURE MOON AND THE SHOOTING STAR

Review

PREMATURE MOON AND THE SHOOTING STAR

PREMATURE MOON AND THE SHOOTING STAR

SEKITOVA

ADS

クラブ&ネット界隈で話題沸騰中の現役高校生(!)による日本初(?)のクラブミュージックレーベルZAMSTAK!待望のCDリリース第一弾はレーベル主宰のSEKITOVA(セキトバ)からのフルアルバム!!深夜のクラブに行けない高校生によるクラブミュージックとは??

これまでインターネットを中心に活動してきたトラックメイカー兼DJ のSEKITOVA がこのたび待望の初アルバム『premature moon and the shootingstar』を自主レーベルである『ZAMSTAK』よりリリースする運びとなりました。アルバム発売に先駆けてリリースされた先行CD, デジタルシングル『InvertedQualia E.P.』収録曲の『Loco』は有力アーティストであるKo-Matsushimaにもピックアップされ、彼が出演するFM802の『Beat Bounce Radio』にて連続オンエアされるなど視聴者から高い評価を得ました。日本でテクノ、ハウスと言うと前者は少ない音数ながら攻撃的でアグレッシヴ、後者はオシャレできらびやかなメロディラインという印象の強いジャンルですが、今回のアルバムは前作からさらに本場のディープハウス、テックハウスシーンに近づき落ち着きのあるグルーヴに奥深さを増したディープ・テック・ハウスになりました。また今回はマスタリングにOMKT、アートワークに水墨画家の渥美穂、デザインにVIDEO BOY こと杉山峻輔を起用することでより洗練されたサウンドに加え収録楽曲がもつ世界観を視覚的にも楽しむことができる素晴らしい作品となっています。(Amazon.co.jpより)

SEKITOVA : 1995年、元旦生まれの高校生トラックメイカー兼DJ。14歳の頃よりDTM でのトラックメイク、16歳でDJとしてのキャリアをスタートさせる。2011 年にはインターネットレーベル『Maltine Records』よりEP をリリース。その認知度をより深めた。初期には幅広いジャンルの制作を行っていたが次第にルーツであるミニマルテクノやテックハウスにアプローチを寄せるようになる。中でも昨年末にsoundcloudにて発表したアンビエンスなピアノハウストラック『Fluss』は大きな評価を得て、日本のみならずドイツなど本場のシーンからも沢山のアクセスを受けた。DJとしても歌舞伎町Re:animation、新宿でのETARNAL ROCK CITY Fes. への出演など大規模イベントへのブッキングも増えており、これからの活動に期待が寄せられる。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Secret Hideout
  2. Planisphere
  3. Cicada
  4. Heat Stroke
  5. Inverted Qualia
  6. Sheltering Rain
  7. Heroes
  8. Guess what?
  9. Export to The Mercury
  10. Export to The Mercury (from disco)

Other Entries