Endtroducing...

Review

Endtroducing...

Endtroducing...

DJ Shadow

ADS

DJシャドウことジョシュ・デイヴィスは、ヒップホップの自己満足げなサウンドに、内省的な視点を新たに持ちこんだことで信頼されているはずだ。本作は、都会的な不安定かつわいせつなビートを凝縮し、ヒップホップの枠を越えたごった煮的なサンプリングと音のモンタージュで包みこんでいる。ロック、ソウル、ファンク、アンビエント、ジャズの基本的要素をミックスし、グレードアップさせたこの現代的な融合音楽は、耳利きなリスナーでなくても注目せずにはいられないものだ。大半のトラックは、中古レコードの山から見つけた掘り出し物のサンプルを何層にも重ねて編集されているが、そのクオリティーは単なる寄せ集めにとどまらない。そして、アルバム全体を暗いメロディーがつらぬきながらも、同時にトンネルの出口をも見すえている。ナレーションは数えきれないほどの音源からサンプリングされ、リスナーを巻きこみ解答を待たせている。メッセージが盗み聞きした会話のように断片的なために、本作からははっきりとした結論は伝わってこないが、心とからだと魂をくり返し請い求めているのは確かだ。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Best Foot Forward ListenListen Listen Listen
  2. Building Steam With a Grain of Salt ListenListen Listen Listen
  3. Number Song ListenListen Listen Listen
  4. Changeling ListenListen Listen Listen
  5. What Does Your Soul Look Like, Pt. 4 ListenListen Listen Listen
  6. [Untitled]
  7. Stem/Long Stem
  8. Mutual Slump
  9. Organ Donor
  10. Why Hip Hop Sucks in '96
  11. Midnight in a Perfect World
  12. Napalm Brain/Scatter Brain
  13. What Does Your Soul Look Like, Pt. 1: Blue Sky Revisit

Other Entries