NEW

Review

NEW

NEW

Madegg

ADS
Profile

Madegg

2008年、16歳の頃よりReaperを使用したサンプリングコラージュ、フィールドレコーディング、プロセッシングされた音響作品を制作を開始。2011年Bunkai-Kei recordsより「Players ep」をリリース、2012年 flau よりファーストアルバム「Tempera」 をT シャツという媒体でリリースし、英最有力音楽誌の一つであるMixmag のBest Album of Monthに選出されるなど特に海外にて高い評価を得る。2013年Seiho主宰のDayTripperRecordsより「Kiko」をリリース。
SonarSound2013 Tokyo/Osaka両公演に20歳の最年少記録で出演、また同年の秋、WWWで行われたRyoji Ikeda“supercodex live set" World Premiere にOAとして出演。その後Clark、Mount Kimbie、Mark Fell(SND)、Tim Hecker、Arca、Baths、The Field等のアーティストと共演。
また、時間・インターネット・スキャニング・コピー・トレースといった方法により記憶/無音といった感覚的領域を示唆するかの様なインスタレーション/映像作品、平面作品の制作、グラフィックデザイン、アートディレクション、リトルプレスの制作、関西を中心とした音楽イベント・コレクティブ『INTEL』の企画運営を行う。作品やデザインの制作プロセスを全てメンバー全員の参加によって完結させるプロジェクトBrinc.を主宰、インターネットを軸に活動するトリオyongのメンバーとしても活動している。

京都をベースに活動する平成生まれの奇才Madeggが2年8カ月ぶりとなるサードアルバム 『NEW』を発表します 。『建築』『神殿の形成』『人と野生』『境界と言葉』『石』『血脈の水』などのテーマをもとに、ハードシンセとコンピューターによって楽曲を構築。温度を持ち、絶えず揺らぎを示すメロディー、空間を認識する為の境界として機能するビート。接近と俯瞰の反復により、リズムは崩壊してアンビエンスそのものに変化していきます。テクノ、ハウス、ドローン、インダストリアル、アンビエントなど様々な音楽的フォーマットを大胆なアイデアと徹底した実験精神で解放し、ダンスミュージックの新たな地平を感じさせるニューアルバム。マスタリングは2ndアルバム以外のMadegg作品全てを手がけているMiles Whittaker (Demdike Stare、Milie & Andrea)。

SongList
  1. Savages
  2. Portrait of a Diagram
  3. Palace of Robe
  4. National Water
  5. Chain
  6. Dragon
  7. Cave Reflection
  8. Paste Dream
  9. Lineage of Stones
  10. Chandelier
  11. Unicorn
  12. EFS (bonus track for CD)
  13. Secret Track (bonus track for LP)

Other Entries