When Fiction Comes To Life

Review

When Fiction Comes To Life

When Fiction Comes To Life

Briana Cowlishaw

ADS

オーストラリアから現れた歌声も容姿も抜群のキュートな歌姫! 現代NYジャズの精鋭が顔を揃え、卓越したコンポーザーとしての才能も存分に発揮されたデビュー作は、オーストラリアでは「2012年ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」にも選ばれた折り紙付きの名作。入手困難だった女性ジャズ~ポップス・ヴォーカリスト好き必須の1枚が、ジャケットも新たに国内盤リリース!

グレッチェン・パーラトやサラ・ガザレクなど、ジャズとポップスの垣根をこえて活躍する女性ヴォーカリストの次世代を担う新たなる才能! キュートな可憐さを残しながらも、凛とした存在感を備えた澄んだ声質。オーストラリアのヴォーカリスト/コンポーザー、ブリアーナ・ カウリショウはその将来を嘱望される存在。 そんな彼女が、ニューヨークに渡り、今もっとも多忙なジャズ・ピアニストと言われるアーロン・ゴールドバーグや、ルーベン・ロジャース (ベース)、グレゴリー・ハッチンソン(ドラム)など、NYジャズ新世代の筆頭格とも言えるトップ・プレイヤー達と作り上げたのが、2011年に 発表され翌年にはオーストラリア国内賞で「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」に選ばれたこの『ウェン・フィクション・カムズ・トゥ・ライフ』。

全13曲中、「トリスチ」「スカイラーク」のスタンダード2曲を除いた全曲がブリアーナのペンによるオリジナル作品。ジョニ・ミッチェルを 尊敬しているというのも納得の、覚えやすくもエッジを感じさせるメロディーと、それを歌い上げる表現力、キュートな声質、さらにその 美貌で大きな注目を集める期待の女性アーティスト!

Other Entries