Synthese

Review

Synthese

Synthese

M-Koda

ADS
Profile

M-Koda

1989年生まれ、宮城県仙台市出身の音楽家。独創的なアイデアから生まれるメロディとドラマティックな展開が印象的な楽曲は確信的なストーリーを紡ぎ、アルバムを通してその世界観を表現しているアーティスト。
2010年、Red Bull Music Academyに楽曲が選考、2011年には、DOMMUNEのストリーミング放送「うちこみ!!」にて、agraph×Sound & recordingマガジン主宰のリミックス・コンテストで最優秀賞に選ばれる。
同年、1stアルバム『moss』、2012年、2ndアルバム『inga』をLiquid note recordsよりリリース、また「mergrim Remix & Live album [Intersect Landscape…]」やfraqsea、LLLL作品にもリミキサーとして参加する。
また宮城県仙台市を中心として楽曲制作/映像制作/撮影/照明なども行う電子音楽イベントQuat(out)の中心人物として精力的にライブ活動も行っている。
2013年6月6日、3rdアルバム『Generating Arrow Diagram』を、また2014年9月9日には4thアルバム『Synthese』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース。
2015年4月にはドイツのPhysical Techno Recordingsレーベルより『SING EP』をリリース。
そして2016年6月、待望の5thアルバム『WORKINGS』をリリースする。

2011年の1stアルバム『moss』以降コンスタントに作品を発表、高い評価を得た2013年の3rdアルバム『Generating Arrow Diagram』を経て、仙台をベースに積極的な活動を続けるSatoshi KodamaによるソロプロジェクトM-Koda待望の新作4thアルバムが完成。

細部に渡り流麗に表現されたグリッジや美しいテクスチャーの電子音響といったオリジナリティーはそのままに、あたかも一筆書きのように滑らか表現されたクリアなサウンドは時にエレガンドに優しく、特にアグレッシヴに激しく、遥か上空を雄大に舞うかの如く流れる音の波と粒となり、ビートメイキングを軸にサウンドプロデュースされた各楽曲の魅力と相まってアルバム全般を貫いています。

「もともと好きだったベルリンサウンドに影響を受けている部分が強く、電子音楽的な曲調を意識しました。シンセサイザーでプリセットを使わずゼロから音を作ったり、またビートもシンセサイザーを使い作っています。 あえてシンセサイザーのパラメーターを不安定にする事によって音的な部分でのクセや、偶発性が出るようにしています。良い音がプリセット化され簡単に手に入る時代だからこそ、あえてゼロからの音作りにこだわりました。」(M-Koda)

10年代中期を飾るエレクトロニック・スタンダードの1作と言っても過言ではない作品に仕上がった。

SongList
  1. Ision
  2. Solder
  3. Whole Surface
  4. Blue Scatter
  5. Monsoon
  6. Hail
  7. Critical Approach
  8. Modern
  9. Alone
  10. In The Wrong Direction
  11. At The End of The Month
  12. East Sky

Other Entries