KotoLyra

Review

KotoLyra

KotoLyra

MimiCof

ADS

ベルリン在住のmidori hianoによる電子音楽にフォーカスを当てたソロプロジェクトMimiCof、その待望の2ndアルバムが完成!
本作では、1st『RundSkipper』で表現された太いリズムプロダクションと繊細なコードワークをベースに、より広がりある多彩なサウンドとしてプロデュースされており、多くのエレクトロニック・ミュージック・リスナーに届く素晴らしい内容に昇華されています。また12の楽曲には絵としても美しい星座の名前がちりばめられており、あたかも12星座が一つの新しい天体としてイメージされたアルバムとなっています。 マスタリングはアーティストとしても高い評価を得る柏大輔が担当、アートワークには絵画的で独特なスタイルに定評のあるイギリス人写真家/アートディレクターStuart Leeの作品が飾られ、サウンド、デザイン共に素晴らしい仕上がりとなりました!(Amazon.co.jpより)

京都府出身、ベルリン在住の音楽家。
大学をクラシックピアノ専攻で卒業した後、ピアノを始めとするアコースティック楽器に加え、電子音など様々を音を自在に操りながら多彩な音楽を作り出し、midori hiranoとしてはMIDIクリエイティブ/nobleから2枚のアルバムを発表。
2008年2月にはベルリン国際映画祭主催のプログラム「Berlinale Talent Campus」に作曲家部門では当年唯一の日本人として招聘される。2008年よりベルリンを拠点に、生楽器を主体にした楽曲を制作するmidori hiranoとしての活動と平行し、コンピュータによるプロセッシング等を多用するなどエレクトロニック・ミュージック的なアプローチを中心とした新しいソロ・プロジェクトMimiCofとしてその表現の幅を広げており、2011年6月にPROGRESSIVE FOrMよりMimiCofの1stアルバム『RundSkipper』を、またChristopher Willits主催のレーベルoverlapより本名名義でEP「Magnetic Visionaries」をリリース、及びWillitsのリミックス・プロジェクトにもMimiCofとして参加する。
2012年、W+K東京LABより派生したAudio+Visual制作集団JKD Collectiveに参加、avex主催anationのサウンドロゴを担当、ヨーロッパの中でも屈指の規模を誇るポルトガルのBoom Festivalへも出演する。そして2012年12月、MimiCof待望の2ndアルバム『KotoLyra』をリリースする。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Lilium
  2. Microscopium
  3. Sculptor
  4. Telescopium
  5. Pavo
  6. Triangulum
  7. Octans
  8. Lyra
  9. Solarium
  10. Pyxis
  11. Horologium
  12. Felis
MimiCof's Works

Other Entries