The Language of Flowers

Review

The Language of Flowers

The Language of Flowers

Twigs & Yarn

ADS

アメリカと日本という2つの国のベッドルームを越えて完成したTwigs & Yarnのデビューアルバム。緩やかに時を刻むオーガニックなリズム・プロダクション、デリケートに紡がれるギターやピアノなどの生楽器や、アナログレコーダー、自作マイク、ループペダルを用いて作られた音、幾度にも重ねられた声など、ばらばらな音の断片がゆっくりと合わさり、HeliosやJonsi & Alexを彷彿とさせるセンチメンタルな傑作チルアウト・ミュージックに仕上がりました。アンビエント~エレクトロニック・ミュージックの枠に留まらない彼らの豊かな音楽性をThe Booksとしても活躍するNick Zammutoが絶賛。Zammutoのキャリア初のマスタリングを担当して完成したこのアルバムは、私たちを誰も知らない場所へと連れて行く、ノスタルジックな夢のサウンドトラックです。Twigs & Yarn Lauren McMurrayとStephen Orsakによるテキサス出身の男女ユニット。現在日本に住んでいるLaurenによるフィールドレコーディングと可憐な歌声、Stephenによる様々なハンドメイトの楽器がパッチワークのように紡ぎ合わさり、まるで夢の中の漂うような美しいサウンドを作り出す。 The Booksとしても活躍する才人Nick Zammutoも絶賛する彼らのデビューアルバムは、Zammutoによるマスタリングによって今夏flauよりリリース。Stephen OrsakはでPure Xなど地元テキサスの新世代サウンドを手がけるエンジニアとしても活躍中。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Laverne
  2. Static Rowing
  3. If I Were an Artery
  4. Conscious Strings
  5. Mermaid Wetness
  6. An Honest Moment
  7. Rosy Cheeked Pumpkin
  8. Bristle of Mundane
  9. Flowers Thirsty
  10. Marigold Ride
  11. Strings of Complacency
  12. Learning to Glisten

Other Entries