Clinging to a Scheme

Review

Clinging to a Scheme

Clinging to a Scheme

The Radio Dept.

ADS

1stアルバム「Lesser Matters」が英メディアから絶賛され、ソフィア・コッポラの映画「マリー・アントワネット」のサントラへの楽曲の抜擢で世界的に高いその名を広めた the Radio Dept.。スウェーデンが誇る人気レーベル Labrador Records に所属する彼らが前作より4年越しでリリースしたこの3rdアルバム「Clinging to a Scheme」は、前2作の特徴をかけ合わせたようにシューゲイズ感とシンセ・ポップの絶妙な融合で成り立っている。先行シングルであり、日本のインディ・レーベル Every Conversation からのアナログ・リリースも注目を集めた "David" はもちろんのこと、Sonic Youth の Thurston Moore の声をサンプリングした "Heaven's on Fire" といったシングル曲も収録。the Mary Onettes や the Tough Alliance といったスウェーデン勢と合わせて聴くと、10年代前半USインディーズのキーワード "ビーチ・ポップ" との共振も感じられるのが実に興味深い。(iTunesより)

SongList
  1. Domestic Scene
  2. Heaven's On Fire
  3. This Time Around
  4. Never Follow Suit
  5. A Token of Gratitude
  6. The Video Dept.
  7. Memory Loss
  8. David
  9. Four Months In the Shade
  10. You Stopped Making Sense
  11. Freddie and the Trojan Horse
  12. All About Our Love

Other Entries