All is Silence

Review

All is Silence

All is Silence

Ametsub

ADS

前作"The Nothings of The North"が世界中の幅広いリスナーから大きな評価を獲得し、坂本龍一の2009 年ベストディスクに選ばれるなど、現在のシーンに揺るぎない独特の地位を築き上げた、東京を拠点に 活動するAmetsub。 2011年、スペインのL.E.V. FestivalではApparat、Johann Johannson、SBTRKTらと共演し、後日レビュ ー誌でベストアクトライブと称され、大きな痕跡を残しました。 そういった国境を越えた活動の元、3年ぶりの今作はライブで披露した楽曲を中心に纏められ、これま での作品と比べて圧倒的な広がりが存在しています。果てしない旅を連想させる様な浮遊感漂う旋律の 連続は、アルバムアートワークからも感じとれるような赤く染まった大地、荘厳な地平線、大自然を描 くような強烈なサウンドスケープに仕上がっており、孤独感の中に確かな温かさが感じられます。 様々なスタイルを独創的に通過し、古いテープで淡く変化した憂愁なメロディーの数々やプリペイドピ アノで弾かれる試みも編み込まれ、大胆な音色の余韻と線密なビートプロセスによって、"新境地"と もいえる、一つ突き抜けた音楽性が紡ぎだされています。 一つの地点に拘らず、次なるフィールドへ確実に進化したAmetsub の無限の世界観が秘められた全12曲!

東京を拠点に活動する音楽家。2009 年にリリースした最新アルバム "The Nothings of The North"は、世界中の幅広いリス ナーから大きな評価を得て、現在のシーンに揺るぎない独特の地位を決定付けた。 坂本龍一「2009 年のベストディスク」にも選ばれ、ドイツのMille Plateaux からライセンス・リリースが決定。 SonarSound Tokyo、Sense Of Wonder、渚音楽祭、Summer Sonic 09 などの大型フェスティバルにも出演を果たし、2009 年夏 にはアイスランドでYagya やRuxpin と共にライブを敢行。 さらにClammbon の楽曲の唯一のリミキサーとしてミト氏より依頼される。 DJ としての活動でも成果を伴いつつ、ライブでは果てしない旅のような無類の音楽性を披露し、次第に多くの人々を惹きつ け、現在までにPlaid、Oval、Fennesz、Jel(Anticon)、Vladislav Delay、Floating Points など国境を越えたアーティスト と共演。 2011 年春にはスペインのLEV Festival に招聘され、Apparat、Johann Johannson、SBTRKT、Pantha Du Prince、Jon Hopkins らと共演。 湖の上でオーディエンスに囲まれる条件下であったが、後日L.E.V. Festival のベストアクトと称され、同フェスティバル へ大きな衝撃を残す。その後、n5MD のCrisopa とスペインツアーを成功に収める。 孤独感の中にある確かな温かさと崇高美は大きな揺らめきを与え、突き抜けた個性、大自然を描くような強烈なサウンドス ケープは世界中にファンを広げている。 2012 年6 月6 日、待望の3rd Album がリリース。

SongList
  1. Utmost Point
  2. Rufouslow
  3. Blotted Out
  4. Precipice Drive
  5. Lucent
  6. Vestige for Wind Day
  7. Key
  8. Dimmur
  9. Sun of Madrid
  10. Over 6633
  11. Muffled Blue
  12. Cloudsfall

Other Entries