Marvellous Boy - Calypso from West Africa

Review

Marvellous Boy - Calypso from West Africa

Marvellous Boy - Calypso from West Africa

Various Artists

ADS

西アフリカではハイライフと呼ばれる独自の音楽が存在している。当初はギターを中心にしたシンプルな編成だったが、50年代になるとそれがモダン化されて、ブラス・セクションなどがついたグループも登場することになる。いわゆるモダン・ハイライフの時代に突入し、その時代に大きく取り入れられたのが、同じ英語圏の音楽であるトリニダードのカリプソだった。このアルバムに収録されているのは、その時代の音源で、 シエラ・レオーネ、ガーナ、ナイジェリアなど、幅広い地域における録音を収録。西アフリカにおいて最初にカリプソを歌ったエベネザー・カレンダーから、モダン・ハイライフの父と呼ばれるE・T・メンサー、ナイジェリア音楽の始祖的な存在であるボビー・ベンソンなど、初期の西アフリカ音楽を代表する巨匠たちの音源がズラリと並んだアルバムだ。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Poor Freetown Boy
  2. Taxi Driver (I Don't Care)
  3. Ariwo
  4. Olubunmi
  5. Bere Bote
  6. Nylon Dress
  7. Fire Fire Fire
  8. Scrubbs Na Marvellous Boy
  9. Dick Tiger's Victory
  10. Igha Suo Gamwen
  11. The Tree and the Monkey
  12. Calypso Minor One
  13. Cost of Living Nar Freetown
  14. Me Nar Poor Old Man Nor Do Me So
  15. Gentleman Bobby
  16. Yabomisa Sawale
  17. Mami
  18. Arria Baby

Other Entries