The Nothings of The North

Review

The Nothings of The North

The Nothings of The North

Ametsub

ADS

Ametsubの2006年リリースのエレクトロニカを中心に据えたソロ2作目。音色の選び方が実に素晴らしく、テクノような速くて勢いのあるトラックなども多数含まれている。メロディアスで感動的な1枚。

東京を拠点に活動する音楽家。半野喜弘や青木孝允らを筆頭とするPROGRESSIVE FOrMからリリースされた「forma 2.03」に20歳で参加し、国内外から評判を集める。その後、1st Album 「Linear Cryptics」をリリース。世界最大のエレクトロニック・ミュージック・フェスティバルを起源とする、sonarsound tokyoに出演。ゲームボーイによるパフォーマンスも話題となり注目を呼ぶ。その後、Vladislav DelayやBlue Foudation、Calm、竹村延和、Numb、AOKI takamasa等との競演も重ねる。2007年には渚音楽祭、また野外フェスティヴァルSense Of Wonderにも出演、多くのオーディエンスを魅了したライブはスペースシャワーTVの放映に選出され、翌年の同フェスティヴァルへの出演も位置付ける。2008年夏にはアイスランドでのライブも敢行。d.v.dのJimanica(drum)とのコラボレーションも始まり、Jimanica × Ametsubとしてのアルバムが2007年にリリース。初ライブではPARA、クラムボン、toeと共演、同年秋には渚音楽祭への出演も果たす。暗く美しい独自の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性は、今後の活動に期待が高まる。2009年2月、待望の2nd Albumがリリースされた。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Solitude
  2. Lichen with Piano
  3. Repeatedly
  4. Snowy Lava
  5. Old Obscurity
  6. Peaks Far Afield
  7. Time for Trees
  8. skyr
  9. Faint Dazzlings
  10. Mosfell (pathless)
  11. 66
  12. Off-Road 264
Ametsub's Works

Other Entries