Afterglow

Review

Afterglow

Afterglow

Akira Kosemura + Haruka Nakamura

ADS

schole recordsレーベルからのリリース。akira kosemuraとharuka nakamuraによるスプリット/コラボレーションアルバム。エレクトロニカをベースに生楽器をふんだんに使い、独自の音世界を展開している。夢の中の世界にいるような心地よいサウンドは朝の心地よいひとときや夕暮れで自分の世界などにとても合う作品。

Akira Kosemura schole主宰。東京在住の作曲家。幼少時代よりピアノを学び 、2005年頃から本格的に作曲を開始。ピアノやその他の鍵盤楽 器を主体に、フィールド録音を用いた環境的で空間/視覚的な楽 曲を多く制作。 2006年にアメリカのレーベルより発表したデビューEPを皮切 りに、ドイツ、フランス、ベルギー、カナダ、オーストラリア のレーベルコンピレーションに次々と参加、好評を得る。 また並行して、scholeを設立。 scholeでは、同名のフリーペーパーマガジンを発行、その他 音楽レーベル運営、アーティストプロデュース、各媒体への楽 曲提供などその活動は多岐に渡っている。 2007年7月には、オーストラリアの音響アーティスト / 音楽批評家のローレンス・イングリッシュが主宰するアーヴァンポップレーベルよりファーストフルアルバムを発表。 ピアノをメインに、アコースティック楽器やエレクトロニクス、フィールド録音がミニマルに、そして最高に美しく溶け合った本作にて、自身が提唱する"日常に捧げる新しい音楽の形"を見事に表現。同時期に、ブリスベン空港とROOM40が共同主催したオーストラリアのクイーンズランドミュージックフェスティバル2007 -Airport Symphony- にて音響作品を展示。同年9月には、haruka nakamuraとの共作アルバムを自身のレーベルより発表。 haruka nakamura 東京在住の音楽家。1982年生まれ。 少年期に鍵盤、ギターをほぼ独学で学び、2006年より本格的 に活動開始。暮れる日々のサウンドトラックのようにアコース ティックな音色を紡ぎ出す。 2007年、二つのコンピレーションアルバムに参加し、高い評 価を得ている。 今後も国内外アーティストとのコラボレーション、scholeよ りファーストフルアルバムのリリースが予定されている。 また、多様な音楽性を持った演奏家が集まる楽団nicaを主賓、 全作曲を手がける。nicaでは、2007年、六本木スーパーデラ ックス、浅草アサヒアートスクエアでライブを行う。同年の夏には、江ノ島フリーダムサンセットへの出演も果たす。 そして、長らく待ち望まれていた待望の音源が、小瀬村晶とのスプリット / コラボレーションアルバムという形でいよいよ発表される。 鍵盤、アコースティックギターが紡ぎ出す、柔らかくて温かい、そしてどこか懐かしいような、淡い記憶を探るメロディ。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. azure
  2. calm
  3. garden
  4. delight
  5. drizzle
  6. haze
  7. plus
  8. graf
  9. nostalgia
  10. afterglow

Other Entries