Flora

Review

Flora

Flora

Marihiko Hara

ADS

京都発のレーベル「night cruising」のリリース第二弾は、ダムタイプ高谷史郎のプロジェクトメンバー
としても活動する原 摩利彦の新作!
ピアノと電子音で浮かび上がる記憶の質感 / 静謐の時間

京都を拠点に活動し、これまでに国内外のレーベルから作品を発表し続けてきた音楽家 原 摩利彦/Marihiko Hara。
ダムタイプ高谷史郎のプロジェクトメンバーとして新作パフォーマンス作品『CHROMA』やインスタレーション作品に参加。
音楽を担当した短編映画『COLUMBOS』(監督:カワイオカムラ)が、ロカルノ国際映画祭やロッテルダム国際映画祭など
海外の主要な映画祭にて上映、さらには伊勢谷友介監督作品『セイジ -陸の魚-』のサウンドトラックへの参加など、
活動の幅を広げてきた。
これまでnight cruisingのイベントには幾度となく出演、コンピレーション『tone』には、Sylvain Chauveauとの共作で参加しました。

近年リリースされた二作品がリズムを重視したものであったのに対し、本作『Flora』はピアノとフィールドレコーディング、
電子音によって、美しく、静謐な時間を紡いでいます。目を閉じて音を眺めることができ、一つ一つに物語を連想させる全10曲。
舞台や映画の音楽を手がける原 摩利彦の、最も詩的 / 私的な味わいのあるアルバムです。

また本作はフランスのレーベル「Drone Sweet Drone Records」との共同リリースとなっています。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. # Prelude
  2. # Memoire
  3. # Forest
  4. # Lake
  5. # Camera
  6. # Ocean
  7. # Curtain
  8. # Eclipse
  9. # Luna
  10. # Boat

Other Entries