Branches

Review

Branches

Branches

Keith Kenniff

ADS

『Helios + Goldmund = Keith Kenniff』 エレクトロニカ~アンビエント路線のHelios名義、ポスト・クラシカル路線のGoldmund名義と、 両シーンで絶大な人気を誇るKeith Kenniffが本名名義のアルバムをリリース。

オーガニックなエレクトロニカ路線のHelios名義、ミニマルなピアノが郷愁を誘うポスト・クラシカル路線のGoldmund名義と、 両方のシーンで絶大な人気を誇るKeith Kenniff(キース・ケニフ)。本名名義では、映画『Mister Lonely』(監督:ハーモニー・コリン)の サウンドトラックや映画『Revolutionary Road』(監督:サム・メンデス)のトレーラー用音楽、またMTV、Honda、Canon、Audi、Levi's等 の企業のテレビCM音楽も手掛ける音楽家です。主に映像の為に作曲する時は、本名名義を名乗っていて、HeliosとGoldmundのサウンド の境界線を取り払ったような、より自由な方向性で作曲しています。

本作『Branches』は、Kenniffが2007~2010年の間に、テレビCMや映像のために制作した曲を集めた楽曲集。非常にデリケートな エレクトロニクスとミニマルなピアノ、そしてストリングス等のオーガニックな生楽器で紡ぎ上げられる、ハッと息をのむほどの驚くべき 美しさとシネマティックなドリーミーさを内包するアンビエント~エレクトロニカ~ポスト・クラシカル・サウンド。

HeliosやGoldmundのファンはもちろんのこと、Nils Frahm、Hauschka、Olafur Arnalds、Johann Johannsson等のポスト・クラシカル 周辺や、ドリーミーなアンビエント~エレクトロニカサウンド好きにはマストハヴの1枚!

SongList
  1. Intro
  2. Flow & Branch
  3. Immersion
  4. Branch
  5. Evening at Eight
  6. Here
  7. Hood River
  8. Anyone
  9. Every Morning
  10. Grace
  11. Daybreak
  12. Symmetry
  13. Sparrow Song
  14. Even Now
  15. Letters
  16. Many Things
Keith Kenniff's Works

Other Entries