and so I place you in the setting sun

Review

and so I place you in the setting sun

and so I place you in the setting sun

MayMay

ADS

Tara Jane O'Neil、Sharon Van Etten、Mazzy Starらを 彷彿とさせるポートランドの新世代バンド、 MayMayのデビューアルバム! 5月の穏やかな風を感じる珠玉の9曲 ゲストに盟友Heather Woods Broderick マスタリングにNils Frahmが参加!

アメリカ・オレゴン州ポートランドより、Loch Lomondのメンバーであった女性アーティストLaurel Simmons、Peter BroderickとのコラボレーションやLOWとの共演で知られるスペイン人シンガーソングライターRauelssonことRaul Pastor Medall、そしてNicolas MarshallによるMayMayのデビューアルバムが完成。ミックスをSHE & HIMやM・ウォードで知られる敏腕エンジニアAdam Seltzer。ゲスト・アーティストには盟友Heather Woods Broderick、 Matt Berger(Musee Mecanique)らが参加、全編弾き語りだったデビューEPから、大胆に鳴らされるオルガンとピアノ、躍動感あるギター・サウンド、男女コーラスの暖かいハーモニーと、曲によって様々にその表情を変えるなど、アレンジ面で飛躍的な変貌を遂げています。デビューEPに参加していたHeather Woods Broderickが移住、バンドを離れたことにより開花したLaurel Simmonsの素晴らしいソングライティングは、時に優しく、時に切なく胸をしめつけるように、私たちの心を揺さぶるでしょう。普遍的なピュアネスと美しさを讃える全9曲。マスタリングにNils Frahm。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. Setting Sun
  2. The Fall
  3. Stories We Lived by
  4. If It Remains Light
  5. Lines to Water
  6. In the Fields
  7. Ringing Home
  8. Undertow
  9. Winter Air

Other Entries