Grace

Review

Grace

Grace

Haruka Nakamura

ADS

haruka nakamuraのファーストアルバムです。 今作は、アコースティックを中心とした女性ヴォーカルとなっています。レトロな雰囲気を持つ楽曲からエレクトリックなサウンド編集を凝らしたものまで幅広く収録されている。まさに新世代の音楽とも言える感覚を持つアルバム。

東京在住の音楽家。1982年生まれ。 少年期に鍵盤、ギターをほぼ独学で学び、2006年より本格的に活動開始。暮れる日々のサウンドトラックのようにアコースティックな音色を紡ぎ出す。 2007年、二つのコンピレーションアルバムに参加し、高い評価を得て いる。 また、多様な音楽性を持った演奏家が集まる楽団nicaを主賓、全作曲を手がける。nicaでは、2007年、六本木スーパーデラックス、浅草アサヒアートスクエア、同年の夏には、江ノ島フリーダムサンセットへの出演も果たす。 そして、2007年夏の終り、scholeより小瀬村晶とのスプリット / コラボレーションアルバムを発表。 今回、待望のファーストフルアルバムをscholeよりリリース。 鍵盤、アコースティックギターが紡ぎ出す、柔らかくて温かい、そしてどこか懐かしいような、淡い記憶を探るメロディ。(Amazon.co.jpより)

SongList
  1. every day
  2. arne
  3. opus
  4. ralgo
  5. elm
  6. luz
  7. lang
  8. cielo
  9. elm2
  10. sign
  11. lamp
  12. grace
  13. cadenza
Haruka Nakamura's Works

Other Entries